インプラントに保険は使えるのか

インプラント治療は、外科手術を伴う治療方法です。
高度な技術が必要とされ、またその手術を行う医師にも技術だけではなく実績が求められる治療方法です。
一般的に治療に必要とされる治療費は1本当たり30万円から60万円位です。
この費用に関しては、歯科医院によって差があります。

そんな高額な治療費のインプラントには、医療保険を使う事ができるのでしょうか。

実はインプラントには一般的に医療保険を使う事はできません。
それは、インプラント以外にも失った歯を補う方法があるからです。
歯を失った場合は、昔から行われてきた入れ歯や、ブリッジを行う事も出来ます。
インプラントはそれらの治療方法に比べると、審美面が高い治療となります。
その為、医療保険の対象とはされていませんでした。

ですが2012年4月から少し変わり、病院で行う治療の場合はインプラント 保険を使う事ができるようになりました。
先進医療の場合、医療保険が適用されるようになったからです。
ただ、その「病院」の条件が少々厳しいので、一派的な歯科医院でインプラントを行う場合は従来通り、保険を適用する事はできません。
とはいえ、高額な医療費なので、医療費控除をすることができます。
医療費控除とは、年額10万円以上の医療費がかかった場合、税務署で確定申告を行えば10万を超えた分に対して少しお金が戻ってきたりするものです。

また、民間の健康保険の場合、インプラントに関して手術給付金を受け取る事ができる事もあります。
条件としては、先進医療として認められた場合です。

インプラントはかなり高い治療費ですが、一般的には自由診療となるので医療保険を使う事はできません。
実際に歯の治療をする時にインプラントを行おうと考えている人は、しっかりとその保険に関して知っておく必要があります。
また、保険・費用・その他の治療方法との比較など様々な面からインプラントを行うかどうかを決めるのが重要なポイントです。


WordPress Themes