歯・インプラントとは

ケガをした場合、また様々な原因によって、歯を失ってしまう事はあります。
そんなとき、失った歯を荻場う必要があります。
有名な方法は入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つです。

中でもインプラントは人工的に作った歯を埋め込む方法として、かなり注目されています。
一般的に歯を失った場合、以前は入れ歯を良く使っていました。
ただ、メンテナンスの面や見た目の面、あとは噛む力などを考えると、手軽に歯を補う事ができる方法ですが、物足りなさを感じるのは否めないものでした。
また、簡単に取り外しをしてきれいにすることはできますが、隙間に何かものが詰まったりすることもあり、その点が気になる点ともされています。
また、ブリッジも行われていましたが、健康歯まで削らなければならないので、その歯の寿命が短くなるなどの点がデメリットとしてありました。

その点、インプラントは義歯を使用する点ではほかの方法とも同じですが、それがなかなか取れにくい事、また見た目がナチュラルな点がかなり魅力的です。
また、どうしても自分の歯を失うと噛む力が弱くなってしまうのですが、インプラントの場合は自分の歯に限りなく近い状態なので、歯を失う前と同様に噛む事ができます。

現在、インプラントは純チタンかチタン合金でつくられています。
形はネジ型やシリンダー状が一般的です。
手術の方法を取るのでどうしても体に負担がかかる可能性がある事、また、審美歯科の分野に分類されてしまうので、健康保険を使う事ができないのでどうしても他の治療法に比べて費用が高くなってしまう点はデメリットとして挙げることはできます。
ですが、自分の元々の歯に限りなく近い状態にできるのは、他の治療方法に比べてかなり魅力的であり画期的な治療方法です。

実際に歯を失った場合、その失った歯を補う方法はいろいろとありますが、見た目の面やメンテナンスの面などから行くと、歯 インプラントはかなり魅力的な方法であり、お勧めの方法です。


WordPress Themes